5月
19
2011

ツイッターのコンシュマーキーとアクセストークンの取得方法

ツイッター

ツイッターのコンシュマーキーとアクセストークンの取得方法について

 

ツイッターをアプリケーションから呼びだそうとすると、コンシュマーキーやアクセストークンが必要になります。

そこでこれらのキーの取得方法について手間取ったので、皆さんこのページを参考にして頂けたら時間短縮に役立つと思います。

 

そもそもなぜこの面倒なキーとか必要なのか。

ツイッターのベーシック認証は2010年8月に終了となり、よりセキュアなoAuth認証に移行しました。

 

取得方法なんですが、

まず自分のツイッターアカウントでツイッターにログインします。

その次にそのアカウントの「設定」ページに行きます。(右上の自分のアカウント名クリック→設定)

設定画面のメニューに「アプリ連携」がある(上のメニューの一部)

アプリ一覧の右側に「開発者」という文字、その下の文に【こちら】というリンク文字があるので、クッリクす!

 

すると残念ながら、英語のページに行きます。

そのページの右側に「Registar a new app」ボタンがあるのでクリック。

 

こんな感じで私は入力しました。

  • Application name:がるがん
  • Description:サイトの詳細文と同じ
  • Application website:自分のWEBサイトで使うので、そこのURL
  • Oranization:ドメイン名
  • Application Type:Browser
  • Callback URL:上記のURLと同じ
  • Default Access Type :Read&Write
  • Application Icon:選択せず

以上で入力して次の画面へ。

次の画面では先程の入力画面で特に不備がなければ、念願のコンシュマーキーやアクセストークンが得れます!

Consumer KeyとConsumer SecretをTwitterのアプリケーション申請完了画面からコピペし、自分のアプリケーションに埋め込みます。
その下にあるAccess Tokenは、完了画面右側のナビゲーションからMy Access Tokenに入ると表示されますので、こちらも間違いないようにコピペします。

Connect to Twitterボタンをクリックして接続完了。

私はこんな感じ。

参考になれば幸い!

 

がるがん

 

つぶやきをどうぞー